弁護士に依頼をするときはデメリットも聞いておこう

TOP > 弁護士に依頼をするときはデメリットも聞いておこう

借金をしやすい方法として、消費者金融のキャッシングを使うことが挙げられます。

近年のキャッシングは即日中に融資を受けることが可能な点や、ネット上で手続きを完結できるものが登場していることから、様々な人が借り入れしやすい方法として知られています。
複数の消費者金融のキャッシングを利用するなどして、多額の債務を抱えてしまったときには、速やかに弁護士に相談することが得策です。弁護士事務所の中には債務整理について精通しているところが多いですので、債務者の状況を把握することで、最適な解決法を提案できます。

弁護士の無料相談との上手な付き合い方をお知らせします。

ひと口に債務整理といっても、自己破産や任意整理などいくつかの手続きが存在していますので、債務者のニーズに合わせて選択できます。


収入があまりないときには、自己破産を行うことで債務の全額を返済しなくても良くなりますので、借金地獄から解放されます。

法律の相談情報があれば全てが解決します。

自己破産は財産を没収される手続きになりますが、最初からほとんど財産を持っていない人であれば、それほどのデメリットはありません。
ただし、一定のデメリットは存在していて、新規の借り入れをするときにブラックリストに名前が掲載されてしまいますので、10年間ほどは申込みをしても審査が通過できなくなることを、弁護士のほうからしっかりと説明を受けておいたほうが良いでしょう。



債務整理の手続きを行うことで、信用情報機関に金融事故を起こした経歴が記載されますが、債務整理の中でも自己破産が最も長い期間にわたってブラックリスト登録が行われることになります。