家族が亡くなってしまった場合の遺産相続の方法については、民法によればいくつかの種類があるとされていますが、そのなかでももっとも基本となるのが単純承認とよばれる方法です。


この単純承認というのは、相続人となったことを知った日から3か月以内に、限定承認や相続放棄といった別の方法をとりたいという申述を家庭裁判所にしなければ、そのまま適用されるものです。



このように、単純承認には特別な手続きを必要としないことから、一般に遺産相続という場合には、その多くがここでいう単純承認にあたるものとみられます。

鋭い観点からBLOGOS情報探しのヒントをお教え致します。

単純承認の場合には、故人が持っていた財産のすべてを引き継ぐことになりますので、現金や銀行の預貯金、土地や建物の不動産、宝石や貴金属、書画骨董、国債や社債、株券やその他の債権にいたるまで、すべてが相続人のものということになります。

しかし、この場合の財産には、負債のようにマイナスのものも含まれていますので、たとえば故人が生前にみずから行った借金、あるいは他人の借金に対する連帯保証、公共料金や税金の滞納などといったものについても、遺産相続をした人がすべて引き継ぐ必要が生じてきます。
したがって、単純承認による遺産相続の場合、もしも故人が現金などの価値のある財産よりも、借金などの負債のほうを多く抱えていたとすれば、相続をすることによって、逆に損をしてしまうということにもなりかねません。

遺産相続の詳細情報となります。

もしもこうしたことがわかっているのであれば、限定承認や相続放棄の手続きをとることによって、財産の一部だけを取得したり、または財産をまったく引き継がないということも可能です。